個人的なプロジェクトとして進めていたアプリ開発。散々の遅延ながらようやくリリースに至りました。

今回はSwiftでの初の実装ということでかなり試行錯誤を繰り返しましたが、なんとかかんとかという感じ。

Swiftでアプリを開発するということを含めて感想など述べたいと思います。

Swiftでのアプリ開発

今回作ったアプリは完全にネイティブ一本でAPIなどは使用していません。というか仕事以外でAPIをたたくアプリを開発したことがないので、次の次のアプリくらいにはその辺りにも挑戦したいと考えています。

で、Swiftでのアプリ開発ですが個人的な所感としてはObjective-Cでやるのとそんなに変わらないかなと思いました。もちろん記述量ははっきりと減ると思うのですが、Swift正式リリース前に開発を進めていたこと、Swift自体の仕様がまだ揺れていることが大きく影響していたと感じています。

まだまだこれからの言語だと思うので伸びしろは期待できると思うのですが、無理をして手を出す必要もないと思います。

職場では「次のバージョンはSwiftで」なんて話が雑談の中でちょいちょい出たりしますが、今のところSwiftでやることで得られるメリットは少ないのではないかと感じています。知識的な意味での資産が少ないのでいたずらに工数を増やすだけなのではないかと。

何にせよiOSのプラットフォームが依然として大事なことは変わりがないので、それをObjective-CでもSwiftでもどっちでも書けます読めますというのが一番良いのだと思います。OSSは簡単にSwiftに移植しないでしょうしSwift-Objective-C間のブリッジがそこまで煩わしくないので、iOSをやる上ではどちらか一方を、というわけにはいかないと思います。Swift一本で、というには業務でやるとなると少なくとも3年以上はかかるのではないでしょうか。

個人でやる分には大いに”アリ”だと思います。何年後になるか分かりませんが、後々来るであろう”Swift需要”を見越して勉強しておくのは投資として悪くないかと思います(Appleが今の地位を維持できればの話ですけど)。

まとめ

さらっと振り返りましたが、できればそのうちじっくりとまとめたいな〜なんて思っています。

ちなみにリリースしたアプリはこちら。UniversalなのでiPhone/iPadどちらでもOKです。個人的にはiOS8から導入されたAdaptiveなViewControllerまわりの実装に触れたことがSwiftでの実装よりも大きな収穫だと思っています。

Cobalt~人生は30,000日~ App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

無料なので興味がわいたらダウンロードよろしくお願いします。