新しいApple TV、出ましたね。当然のように買いました。

Apple tv 4th 1

今回からtvOS向けのアプリが可能になったこともあって、結構注目していました。tvOSが発表された朝にソッコーでQiitaにまとめ記事を投稿したりしました。

まぁ、この記事書いてあとは全然やっていないんですけどね。

別に全くやらないつもりはないんですけど、今の優先事項はそっちじゃないので、落ち着いたらやってみようかと思います。

開封

Apple TVはすでに家でたまに使っていて、用途といえば映画見たりとかMLBの試合を見たりとか。まぁ”見る”用途が基本ですね。今使っている視聴環境は前のブログにまとめています。プロジェクターにつないで映画とかを見ています。最近スピーカーが壊れちゃって買い換えようと思っています。

Apple tv 4th 2

開けるとこんな感じに入っています。Siri Remoteが今回からApple TVのインプットデバイスとして追加されたこともあって、箱が大きくなっていました。僕は第2世代のApple TVを使っていたのですが、前の箱はもうちょっと小さかった印象です。

Siri Remoteは意外と大きかったですね

Apple tv 4th 3

Apple TVの横幅よりも長かったです。

Apple tv 4th 4

他の内容物は困難です。Siri RemoteをLightningで充電する必要があるため、Lightningケーブルが入っています。HDMIケーブルが入っていないのですが、AppleのサイトからApple TVを購入する際に同時に購入するか聞かれます。僕の場合はApple TV 第2世代からの乗り換えだったので必要なかったので購入しませんでした。

Apple tv 4th 6

左が第4世代、右が第2世代のApple TVです。比べると結構厚くなっていることが分かります。まぁ、iPhoneやApple Watchのように常に持ち歩くものではないですし、基本的にテレビ台の上とかに置くものなのでこれくらい厚くなってもほとんどの場合問題ないでしょうね。

さわってみて

早速触ってみました。思ったことをいくつか。

入力について

とにかく入力が面倒です。もう、それは果てしなく面倒です。

一応、面倒がないように工夫はされているものの、Siri Remoteでの入力がかなり面倒ですね〜。これ、特にサードパーティー製のアプリは大変でしょうね。いちいちログインしないといけない。AirBnBはApple TV上にワンタイムパスワードを表示してブラウザ側でログイン処理させる、みたいな対策をしているみたいです。

Apple TVのHuman Interface Guidelineにも記載されている通り、次にApple TVを使用するのは自分ではない(=家族or同居している人)ので、慎重な配慮が必要かもしれません。

逆に言うと、家族でアカウントを共有しているようなサービスにはいいかもしれませんね。iCloudは家族とコンテンツを共有できるような仕組みが用意されているので、家計の財布を握っている人のアカウントをApple TVに登録しておけばいいのかもしれません。

ゲームが楽しい

前のApple TVでもAir Playを利用したゲームはやっていたものの、やっぱりiPhoneの画面をApple TVに写していたので反応が全く良くなかったです。レースゲームとか音ゲーをやってみたんですが、反応が遅くて結局手元のiPhoneの画面を見てしまうのでApple TVでAir Playする意味がないという。

tvOS発表時にでもでやっていたクロッシーロードやってみました。

楽しいです。Siri Remoteでの操作も慣れは必要ですが、すぐになれるんじゃないですかね。やっぱりゲーム作ってみたいな〜と思います。

まとめ

個人的に新しいApple TVの問題点は光オーディオ端子がなくなっていたことなんですが、HDMIでつなぐ、あるいはBluetoothスピーカーで接続しましょうということだと理解しました。どっちにしろスピーカーが壊れていて買い換えようと思っていたので、良いBluetoothスピーカーがないか探しているところです。

あとスクリーンセーバーが思った以上に良かったですね。うちはプロジェクターで流しているので、なおさらいい感じです。

今までは映画を見る用途がメインで今後もそうだとは思うのですが、Apple TV向けのアプリもすでに数が多くて家族で楽しめそうなアプリも結構ありました。ゲーム作りたいな〜。

Apple TVのHuman Interface Guidelineを読むとデバイスとユーザーインターフェースのデザインがしっかりされているので、遊びながら使ってみてもうちょっとしっかりと理解を深めていきたいと思います。