どうもです。@mo_to_44です。

なんだかんだもういくつ寝るとクリスマスですね。ケンタッキーフライドチキンの予約はもうお済みですか?
僕はクリスマスにケンタッキー食べたことないです。というか食べてる人を見たことがありません。

なぜでしょうか。

…。

さて、日本(の企業)はもちろん世界中(の企業)がクリスマス(景気)で(懐が)あったかくなるわけですが、僕の大好きなAppleもクリスマスプレゼントにiPhoneを贈れだのMacBook Airを贈れだのiPad Airを贈れだのといったメールを送ってくるわけです。
この冬の人気者を贈ろう
毎年この時期になると必ずメールが送られてきます。

いやぁ、やってみたいけどムリっしょ。

まぁでもムリっしょとかで話が終わってしまうのも何なので、お金に関してはなんか頑張りましょう。

でも相手が何を欲しいかとか分からないじゃないですか。
iPad Air贈ったら小さいiPad miniの方が良かったなんて言われる可能性もあるわけですし、結構な値段がするので下手な選択もできないわけですよ。

でもありました。いい方法が。iTunes CardならぬApple Storeギフトカードなんてのがあるらしいですよ。

作り方は超簡単!

Apple Storeギフトカードの作り方は超簡単です。

まずはこのページにアクセスしましょう!
Apple Storeギフトカード – Apple Store (Japan)

デザインを選択

まずはギフトカードのデザインを選択するわけです。
デザインの選択
カードのデザインは色々とありますが、せめて贈る相手の好きな色は把握しておくべきでしょう。センスも問われるポイントです。

金額を入力

ご存じかと思いますがカードデザインなんて、言っちゃえばただのガワです。なんだかんだ言っても気持ちの大きさを測れるのはこの金額欄です。
金額の選択
ご安心ください。下は2500円から上は50万円まで幅広く入力ができるようになっています。

良かったですね。50万円あればMac Proまで選択できますよっ。

意中の相手が4K環境を整えていたら最高の贈り物になりますねっ!

宛先を入力

あとは宛先を入力して決済するだけ。
宛先の追加
とっても楽ちんですね。

お金があれば。

まとめ

さて、自分は今年全く贈るつもりはないのですが一度でいいから贈ってみたいものですね。相手の喜ぶ顔が見たいですし。
それからどうやってリンゴ信者にしてリンゴ色に染めていってやろうかという面でも楽しみが増えます。

あるいは自分で買う時に自分にギフトカードを贈ってみるっていうのもアリかもしれません。いずれにせよ、そのうち利用してみたいものです。

追伸

私の誕生日は元日です。もうすぐですね。
Apple Storeカードを贈りたいな!なんて思った方は@mo_to_44までご連絡ください。誕生日でなくてもお待ちしております。なんて。