どうもです。@mo_to_44です。
Kindle Paperwhiteを買ってから愛用しています。特に活字系(漫画はiPad mini)はKindle Paperwhiteです。

ワンクリック
ワンクリック

posted with amazlet at 13.11.07
日経BP社 (2013-08-23)
売り上げランキング: 390

気がついたらamazonを使っていて、amazonプライムに入っていてひと月に利用しない日がないくらいなのですが、意外にもその成り立ちやCEOの姿、アメリカでどのように市場を拡大してきたのかについてあまり知りませんでした。
Kidle Paperwhiteを使うようになってから、そのデバイスとしての素晴らしさ、次々と拡充されていくKindleストア、お急ぎ便の早さ、品揃えの豊富さ、などなど色々と気になってきました。

そんなタイミングでKindle Paperwhiteを使用していたらセール中だったのでワンクリックで買ってしまいました。

ジェフ・ベゾスとはどういう人物なのか

つまり、僕はこの点を知りたかったのです。
スティーブ・ジョブズが亡くなったときにこんな記事が出ていたのを見てから、ふつふつと感じていた疑問でした。

ジョブズが亡くなった後こんな記事もありましたね。
「次のスティーブ・ジョブズ」は誰だ/ WSJ日本版 – jp.WSJ.com – Wsj.com

あまりにも普通にamazonを使っている。

それなのに案外知らなかったんです。まぁマトモに調べてなかっただけなんですが。
この本ではCEOであるベゾスの生い立ちなどにも(徹底的ではないにしろ)触れられていて、面白く読めました。
304ページ程度なのでサラッと読めます。

MBAとかそっちよりの人かと思いきや、元プログラマーだったり、本が大好きというよりも戦略的に本をチョイスした点など僕が勝手に想像していたものとは真逆な面がたくさんありました。

Googleよりも先に創業

僕は“Googleで検索してamazonを知った世代です。そっちの方が多いんじゃないかと思います(勝手に思っています)。
Googleは1998年創業。amazonは1994年創業。4年もamazonの方が先輩です。

ネガティブなレビューをサイトに書けるようにする

常識で考えたらこれはアウトの判断だと思うのですが、amazonのカスタマーレビューにはネガティブな意見もたくさん載っています。
かなり普通に「あ〜これは評判よくないから買わないでおこう」という判断を下していると思いますが、このネガティブな意見も載せるという判断をインターネット黎明期に下せたのはスゴイことだと思います。

いまamazonで買うという行為に対して安心を感じています。下手に家電量販店で買うよりも、価格的にも品質的にもとても安心ができます。
この安心感がどこから来るのか考えたことがありませんでしたが、カスタマーレビューに表示してあるポジティブ/ネガティブな情報や、人気順/価格順/レビューの評価順など各種ソートによってユーザが判断を下しやすいようにサイトを構築しているからなのかもしれません。

facebookのザッカーバーグもそうですが、結局は”透明性”がネット社会では重要なのではないかと思いました。

まとめ

ところで今年amazonでどれだけモノを買ったのか注文履歴から見てみたら141件でした。
買い物にいけないけど、週末に必要なものがある際などはamazonのお急ぎ便に頼りまくりだったり。トライアスロン関係の用具はほとんどamazonで買ったりしましたねぇ。

ジョジョ3部〜5部まで買ったりしたからなぁ。Kindleストアで揃えているのでいっそのこと大人買いボタン欲しいです。
Kindleがもっと進化してくれることを願いますが、とりあえず今回のKindle Paperwhiteは見送ろうと思います。

Kindle Paperwhite 3G(ニューモデル)
Amazon (2013-11-12)
売り上げランキング: 14