きのう九十九里トライアスロンを完走してきました。

99t finished

先月の中ごろに今年の残りの目標を立てたのですが、きのうのトライアスロン完走でとりあえず全ての目標を達成することができました。

やっぱり目標を立てるとそれに向かって動くのでなんとかなるもんですね。正直つらかったけど。。。

目標の振り返り

まずは立てた目標を振り返ってみます。こんな感じです。

当初の目標

  • トライアスロンに1レース出場して完走する
  • iOSのカメラアプリリリース
  • watchOS2に対応したタスクアプリリリース
  • QiitaのContribution1000

で、この目標を一部変更しています。プロトタイプを途中まで作っている段階で、想像していた以上にタスクアプリでやることが多いことがわかり、一旦やめることにしました。でもApple Watchの新しいOSへの対応はやりたかったので、カメラアプリをwatchOS2に対応させることにしました。

ということで”watchOS2に対応したタスクアプリリリース”は、”カメラアプリをwatchOS2に対応させる”を目標にしました。

というわけで、こちらに書いた内容を、以下のように軌道修正しました。

軌道修正後の目標

  • トライアスロンに1レース出場して完走する
  • iOSのカメラアプリリリース
  • 同時にカメラアプリをwatchOS2に対応
  • QiitaのContribution1000

結果

トライアスロンに1レース出場して完走する

ただし、基本的にトレーニングをあまりしていませんでした。

なのでめちゃくちゃキツかったです。自転車も40kmくらいを1回乗ったくらい、ランも5km程度の軽めのランを週1回くらいしか走っていないという状況です。スイムも週1.5回くらい、会社に行く前の20分程度で1kmを泳ぐくらいのことしかできませんでした。

仕事のスケジュールが押し押しだったこともあって、なかなか時間が取れず、かつ体力的にも余裕がなくなってしまった感じです。

とりあえず今年の目標は「とにかく完走する」ことだったので、タイムは無視して「完走できる身体」にまで持っていくことはできたと思います。

それでも、トライアスロンをやっている知人たちと比べて圧倒的に僕は遅いので、来年こそは3時間切りをしたいと思います。今年は「走りきる」ことだけが目標でしたが、来年はタイムも意識した目標設定をしてトレーニングしたいと思います。

iOSのカメラアプリリリース

次のカメラアプリですが、おとといリボカメというアプリをリリースしました。

リボカメ – Revolver Camera App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥120

ずっと出してみたいと思っていたカメラアプリなので、すごく嬉しいです。今後、隔週でアップデートをかけていく予定です。

同時にカメラアプリをwatchOS2に対応

また、このカメラアプリでwatchOS2の対応を行いました。watchOS2自体がバグによりリリースを延期したことからも分かるように、なかなか開発者泣かせでした。

また、アプリ自体が完成してもXcode自体のバグによって申請がなかなかできず、watchOS2のリリースから少し遅れることになってしまったことが残念です。

QiitaのContribution1000

あっという間に達成したのが、QiitaのContributionです。

AppleがiPhone6sを発表したイベントで、新しいApple TVとtvOSを発表しましたが、当日の朝にこのtvOSについて速攻でまとめてみました

この記事が今までで一番ストック数が多くなり、あっという間に1000Contributionにたどり着きました。そこからさらに200ほどCotributionを増やすことができたのも良かったと思っています。

今後もQiitaには投稿を続けていくつもりですが、幅を広げる意味でStackoverflow、GitHubでの活動にもチャレンジしてみようと思います。

今年の残りの目標

きのうまでで「今年の残りの目標」と言っていたものは終了してしまいました。

次は何をしようかな〜と考えているんですが、この1ヶ月ほどは会社に行く前にカメラアプリ開発orスイムトレーニングやランニング、職場で仕事、昼休みもカメラアプリ開発、家に帰ってから再度カメラアプリ開発orランニングみたいな感じで1日あたり平均14時間くらいをプログラミングやデザイン作成(あとちょっとトレーニング)に時間を充てていたこともありだいぶ疲労が溜まっている感じが 笑

いま考えているのはHaskellの勉強とSwiftの文法をしっかりと勉強することなんですが、ブログにまとめるにしても(分かりやすい)成果や効果を測定しにくそうなので、どうしようかな〜と迷っています。

また、リボカメを継続的にアップデートして育てていくことも、しっかりと考えていかなければなりません。他の有名カメラアプリと比較すると基本的な機能がまだ搭載されていないので、まだまだやることがたくさんあります。

どうやって成果や効果の測定をするかがまだ決まっていませんが、ひとまずは言語系の勉強とリボカメのアップデートに注力していこうと思います。