実は食べたことなかったんですよね。深川めし。

ということで食べてまいりました!
深川めし

深川めし – Wikipedia

いや〜、これは特別なときに食べるというよりも普段から食べてたい、まさに庶民の味でしたね!

下町の情緒漂うメニューたち

行ってきたのは「深川 釜匠」。お店の外観が何ともレトロな感じっす。

Fukagawamesi01

お店の前に釜が出ていて非常に分かりやすい!
迷うことなく辿りつことができます。

メニューの中から深川めしをチョイス!

Fukagawamesi02

テーブルの上に置いてあるらっきょうや福神漬がたっぷりはいったタッパ。

Fukagawamesi03

そしてかに味噌豆腐

Fukagawamesi04

本当にそのまんま、かに味噌って感じの風味。豆腐なのにかに味噌。すごく不思議な感じでぜひ食べてほしいですね。らっきょうや福神漬をつまみながら深川めしを待ちます。

素朴で下町情緒漂う深川めし

こいつが深川めし!

Fukagawamesi05

付け合せで佃煮が付いているのがうれしいですね。こういうのがいいんだよなぁ。

Fukagawamesi06

卵やアサリ、出汁のきいた深川めしをマゼマゼするとこんな具合になります。
貝の味がたっぷり染み込んでいてスゴクおいしかったです!

まとめ

深川めし、食べたことなかったんですけど家庭的な味でサラサラっと食べることができました。東京も渋谷や六本木なんていう都会もあれば、昔ながらの味を残す深川のような場所もあって奥深さを感じます。

東京に来たときは渋谷とか都会に行くのもいいですけど、こういう場所で下町の雰囲気を味わうのもいいのではないのかと思います。

お店の名前と場所

深川 釜匠 (ふかがわ かましょう)

東京都江東区白河2-1-13

お店の地図