今年のWWDCはお留守番組で寂しさを感じながらも個人的にcatch-WWDCという勉強会を開催していました。

WWDC期間中、毎朝7時-9時の間、渋谷に集まってWWDCのセッションを見たり集まった人で会話をしたりしていました。

IMG 6549

各自自分の都合に合わせて解散する感じです。僕も9時までこの勉強会を開催したあと、出社して仕事をしていました(夕方近くなると眠さがヤバかった)。

また会場はVOYAGE GROUPさんに提供していただきました。スクリーンもあってソファに座りながら動画を見れて、なおかつ無料!最高の環境を提供していただきました。ありがとうございました!

また会場の調整をしてくださった@TachibanaKaoruさんはじめ、運営に協力していただいた@huinさん、@Ridwyさんに感謝します。

ここで書くことについて

この勉強会を来年もやるかは正直分からないのですが(毎朝5時起きで渋谷に行っていたのでぶっちゃけかなりキツかった)、WWDCにキャッチアップするために似たような勉強会をやりたいという言う奇特な方(自分含めて)がいるかもしれないので運営のtipsをメモとして残しておきます。

運営tips

2016年からすべてのセッションがライブ中継に!

WWDCを毎年のように見ている方はご存じかもしれませんが、去年から一部のセッションがライブ中継されるようになり、今年からついにすべてのセッションがライブ中継されるようになりました。

いままではビデオがアップされるまで一日くらい待たなければならなかったりしたのですが、リアルタイムでのキャッチアップが可能です。

おそらく来年もライブ中継されるのではないでしょうか。

Sessionの一覧はローカライズされて日本時間が表示されているので見やすいです。

1日目でもKeynoteのビデオが見れる!

この勉強会を開いたのはライブ中継されるようになったから(しかもデベロッパーアカウントなしで閲覧が可能)なんですが、1日目についてはKeynoteがやはりメインのコンテンツとなります。

この勉強会は1日目の参加者が最も多かったのですが、やはりKeynoteを見ていろいろ話したりキャッチアップしたい方が多いということだと思います。

一番の懸念事項はKeynoteのビデオを見ることができないかもしれないということ。一番いいのはビデオがアップロードされることなんですが、勉強会までにアップされるかはかなり微妙でした。

バックアップとしてKeynoteの内容を拾って座談会ベースでの勉強会を展開できるように準備をしていたのですが、結果的にビデオはアップされていたので1日目でも朝からビデオを見ることはできます。

勉強会の方では7時近くからPlatforms State of The Unionがライブ中継されていたのでそちらを見ていました。

ライブ中継の間に休憩時間で自己紹介&情報共有

セッションは矢継ぎ早に連続で行われるわけではなく、15分ほど休憩が挟まります。

catch-WWDCでは、この休憩時間の間に参加者の自己紹介や注目している技術、WWDCで発表されたことを調べてわかったことなどを共有し合いました。

情報共有にGoogle Spacesを使ってみた

ただ単に見るだけだともったいないのでGoogle Spacesに知見をためてみました。

各自わからないことを書くと誰かが教えてくれたり、こんなことを調べました、と共有をできたりして結構楽しかったです。

Spacesがベストとは思いませんが、良いツールだと思いました。

twitterのハッシュタグとの使い分けができておらず、あまりイケてなかった気がするので、使い分けの良いやり方があれば教えていただきたいです。

まとめ

tipsとしては以上です。

今回2名が5日間全て参加してくださいました。その方たちは参加しながらも自分の気になるものを触っていろいろ調べていたりしてすごいな〜と思いました。僕はこの会の運営と仕事で手一杯でした…。

今回、日本で見ることになったのでこのような勉強会を開催しましたが、やはり一番良いのは現地に行くことだと強く思いました。

ライブ中継されていることから分かるように、現地に行かなくてもリアルタイムでキャッチアップすることは可能です。期間中有休をとったりすることで時間もある程度確保することもできると思います(生活のリズムは変えないといけないかもしれませんが)。

ただWWDCの大事なところってセッション以外なんですよね。僕は2回WWDCに参加させていただいことがあるのですが、それを強く感じます。

なので頑張って日本にいてキャッチアップするのであれば、チケットがなくてもWWDC期間中にサンフランシスコに行ったほうが良いのではないかと思います。ビデオはいつでも見れますし 笑、現地の空気に触れることで一年分の英気を養うことにもなると思います。

1日目にみんなで集まってワイワイ話し合うのはすごく楽しいな〜と思ったので、WWDC期間中に日本にいることになったらとりあえずKeynoteの時だけはやりたいと思います。

でもやっぱり現地に行きたい。