こんにちは。Mavericksです。あ、いや、間違えた。@mo_to_44です。
アップデートが無料ということで気兼ねなく山ライオンからMavericksにアップデートしました。
ほんで今年WWDC2013に参加したときに密かに楽しみにしていたマップを早速使ってみることにしました。
test
これが起動したときの画面。まぁ特にいうことないですね。

まずは表示形式から

はてさて。
131024_blog_0
まぁ定番の3パターンですかね。航空写真だけの表示は特に使い道が思い浮かびません。

標準の表示。
131024_blog_1

地図+写真。
131024_blog_2

航空写真。
131024_blog_3

3D表示は左上にあるボタンから

iPhoneのマップアプリにもある3D表示機能は左上の真ん中のビルっぽいアイコンのボタンを押せばオンになります。
131024_blog_4-1
こんな感じ。iPhoneと一緒ですね。
でもMacで見たほうがなんだか良いと思います。大きい画面でこそ真価を発揮するのではないかと思います。
131024_blog_4-2

経路検索が便利!

経路検索ボタンも左上にあります。正直なところ地図はGoogle Mapでいいじゃんとか思っていたんですが、デスクトップアプリとしてあるのはすごく便利ですね。キビキビ動きます。
131024_blog_5

右の欄ににある経路のリストを順番に押していけば地図がナビゲートしてくれます。iPhoneの小さな画面で見るよりもこちらのほうが覚え易いかもしれませんね。自転車で移動したりする時には道を覚えておいた方が楽なので使ってみる価値はありそうです。
131024_blog_6
131024_blog_7
131024_blog_8
131024_blog_9

経路や現在地を送ることもできます!

ここでは検索した経路を送ってみましょう。AirDropなんかもありますね。
集合場所を決めたりするときにAirDropで共有できたら便利ですね。
131024_blog_10
こんな感じで地図の画像を送ることができます。
131024_blog_11
iPhone(メッセージアプリ)にはこんな感じで送られてきて文字をタップするとマップアプリが立ち上がって経路を検索してくれます。
これはすごく良いです。
131024_blog_12
うん。すごく良い。

まとめ

待ち合わせの際など、場所を教えたり教えてもらうのにすごく面倒だったりしますよね。
しかもiPhoneの小さな画面だと確認や編集がしづらいので、デスクトップ上にこのような地図アプリがあると場所の情報が手早く共有できるようになる気がします。これから頻繁に利用することになる気がしました。