前々から分離式のキーボードを買いたいと思っていて、ちょうど値段もそこまで高くなくて使い勝手も良さそうなモデルが出たので買ってみました。

つなげると普通のキーボードとして使える

個人的にはキーボードにあんまりこだわりとかなくて、その理由としてはMacBookさえあればどこでも作業ができるように体をなれさせておきたいからです。

ではなぜこのキーボードを買ったかというと、猫背予防だったり肩甲骨周りのストレッチになるのではないかと思っていたからです。

ErgoDoxとかKinesisとか分離式のキーボードは前から気になっていて、特にKinesisはもうあと一歩で買うつもりだったところにMiSTEL BAROCCOの存在を知って購入しました。

つなげた状態はこんな感じ。HHKBと同じくらいなんじゃないかと思います。

IMG 7564

分離して傾斜つけてこんな感じで使っています。

IMG 7561

左右それぞれのアップ。

IMG 7562

IMG 7563

トラックパッドがないのでMacBookを間に置いていますが、そのうちトラックパッドを買うつもりです。いろいろとカスタマイズできるみたいなんですが、僕は(CapsLockをcontrolに変える以外は)そのまま使っています。

難点はMini USBで左右とも給電しないといけないことです。Micro USBでキーボードを繋げて使うこともできるのですが、付属のMicro USBがあまり伸縮性がなく、せいぜいiPhone分くらいしか広がりませんでした。

なのでMini USBを家から持ってきて上の写真のように接続しています(そしてこうするとMacBookのUSBが全て塞がってしまいます…)。

僕は茶軸を選んだんですが、どうなんでしょうか。個人の嗜好によると思うのですが、青軸を使ったことはあるものの「うるさいなぁ」としか思ったことがなく使い比べたことがないのであまり分かりません…。

打鍵感としては軽い気はします。

まとめ

肝心の健康への効果は正直まだ分からないのですが、胸筋を張った状態でキーボードを打つことができるのはとても良いと思います。筋トレした後とかは少しストレッチ効果があるような気がします。

普段はMacBookのキーボードしか使っていないので、この2日は少し生産性が下がりましたw

分離式になれなくても、最悪、分離させずに普通のキーボードとして使うこともできるのは良いのではないかと思います。

分離式のキーボードを使ってみたいという方にはとても良いのではないかと思います。