Macユーザーの皆さん。「Macのストレージ容量が気がついたらいっぱいになってる!!」ってことありませんか?

僕も母艦のMac(MacBook Pro 15-inch, Mid 2009)のストレージがそんな状態でした。とりあえずiTunesライブラリを外付けHDDに移すことで、ひとまず100GB以上余裕が生まれました。

その時の記事がこちら。

年末なので母艦のMacのデータを整理 iTunesのファイルを外付けHDDに | うぇあらぶりぃ

これでとりあえず逼迫するようなことはなくなったものの、なぜか「その他」に属するファイルが約170GBも存在していました(!?)

Moilesync01

おい!その他ってなんだ!

とか愚痴りながらも「まぁ、いっか」と、ずっと放置していたのですが頑張って解決してみることに。案外簡単にできました。

ただし、この方法は誰でもOKということではないのでご了承ください。また、自己責任でお願いします。

iPhoneのバックアップをMacに保存していませんか?

ここで紹介する方法「iPhoneのバックアップをMacに保存」している場合です。

iTunes>環境設定から、デバイスのタブを選択するとデバイスの名前とバックアップを取った日付が出てきます。

Moilesync03

「バックアップを削除」でバックアップを消去することができます。

ちなみに最初からこの答えに至ったわけではなく、ターミナルでduコマンドに-hオプションを付けて、でかいファイルがないか調べて見つけました。

moilesync02

このディレクトリだけで125GBはオカシイですもん。。。

Macに最初から入っているターミナルというファイルを立ちあげて以下のコマンドを実行すれば分かるので、困っている人はまずコレをやってみてください。大きな数字が見つかったらビンゴかもしれません(もっと簡単にできるのかな?)。

du -h ~/Library/Application\ Support/MobileSync

バックアップファイルを消してみたら、かなり余裕ができました。

Moilesync04

ご覧のとおり空きが200GB以上に!かなりサクサクで5年前のパソコンとは思えないほど快適になりました!

ちなみにiTunesの「バックアップを削除」ではファイルサイズが大きすぎるのかiTunesがフリーズしてしまったので、ターミナルでMobileSync内に存在していたデバイスごとのディレクトリをrmコマンドで削除しました。ただこの場合、Macのゴミ箱には入らないので注意してください。

くれぐれも自己責任でお願いします。

まとめ

だいたい調査含めて1時間くらいで終了したのですが、こんなことなら早くやっておけばよかったです。

「”その他”ってなんだよ!」とずっと思っていたのでストレージ同様に頭の中もスッキリしました。

僕の場合は、iPhoneやiPadのバックアップファイルでしたが、ストレージ残量が少ない原因は人によって異なると思うので、まずは知り合いなどに相談してみるのがいいのかもしれません。Apple Storeのジーニアスバーという手もあります(こういう質問はOKなのかな?)。

注意点として、この方法だとバックアップがなくなってしまうので何かあった時(壊れたり、なくしたり)に復元ができません。もう一度バックアップを作るか、iCloudでバックアップをとるかとにかくバックアップを忘れないようにしてください!