どうもです。@mo_to_44です。

きのうの「2013年 買ってよかった[モノ] Top3」で記事数が100を超えました。まだブログを開設してから3ヶ月経過していないので、記事数としてはそこそこかなと思います。

ちょうど100個でいい機会なので、どのカテゴリーの記事がどの程度の割合を占めているのか円グラフにしてみました。

以下のような結果でした。
100記事時点の円グラフ
完全にグルメブログと化していることが一目瞭然です。

書きやすいものが多数を占めている

このグラフを見て思ったのは「書きやすいことを優先して書いている」ということ。
書きやすいカテゴリー
毎日書くと決めたので毎日書いているわけなのですが、案の定書きやすいものが上位を占めました。
グルメと生活が自分にとって書きやすいことなんですね。

グルメカテゴリーなんてのは典型的でとりあえずご飯に行って写真を撮っておいしいだとか店の雰囲気が気に入っただとか思えればネタとしては十分なので、そのまま書くことができます。

それから生活カテゴリーなんかも何か買って役に立ったり、自分がオススメできる普段使っているものがあれば、そのまま書くという感じ。

人に伝えたいこと

グルメ、生活カテゴリー以外で僕が誰かに伝えたいと思っているカテゴリーが以下のカテゴリー。
人に伝えたいこと
ガジェットにはウェアラブルガジェットのことをメインに書いていて、これは普段からUPとFuelBandを身につけていると色々と質問されるのでその時の気づきなんかを書いていたりします。

Appleアプリのカテゴリーなんかも同様です。「Mac買おうと思ってるんだけど、どれかったらいいかな?」とか「KindleとiPadどっちがオススメ?」なんてことを聞かれるので自分の考えを整理するためにも書いています。

カテゴリーはちょっと伝えたい、オススメしたいというよりも読んだ本についてまとめたり良かったポイントなどを書くことによって記憶に定着させることが目的だったりします。このカテゴリーはもうちょっと記事数を増やしたい(イコール読書量を増やしたい)です。

まとめ

カテゴリーについては一度よく考えた方がいい気がしていて、もっときちんとカテゴライズできないものなのか悶々としています。

一度ちゃんと考えてみれば良いのかもしれませんが、こういうことは設計段階・構想段階で明らかにしておくべきなのでしょうね。後付け、行き当たりばったりではどうしてもガタが出てしまいますね。少なくともグルメブログは目指していないのですが、まだ記事数も少ないですし改善されていくことでしょう。

カテゴライズ難しいです。他の人たちはどうやってカテゴリーの分類をしているのでしょう。すごく気になります。