もうすぐ球春到来です!今年は田中将大投手がヤンキース入りしてメジャーリーグの見どころが増えましたね!

開幕に向けてテンションが上がってきている、野球大好きもとき(@mo_to_44)です

皆さんは選手名鑑を買いますか?

好きな選手を応援するのもいいんですが、どうせ見るなら色々な選手を知っておいたほうが楽しめますよね。

僕がかれこれ10年以上買っている選手名鑑があるのでご紹介します。それがコレ。Sluggerの選手名鑑。

MLB選手名鑑 2014―MLB COMPLETE GUIDE 全30球団コンプリートガイド (NSK MOOK)
日本スポーツ企画出版社 (2014-02-24)
売り上げランキング: 2,520

10年一昔とは言いますが、10年以上も買い続けているのにはワケがあるんです。

情報が細かい!

この選手名鑑を読み始めたのは高校生の頃。松井秀喜さんがヤンキース入りをした2003年のことです。駅の中の本屋さんで買ったのを思い出します。

この当時の日本のプロ野球の選手名鑑と言えば身長、体重、血液型、さらに女性のタイプなんかも書いてありました。もう何年も変わっていないんじゃないの?と思えるようなものも載っていました。選手の数も多いのでそうなってしまいますよね。

ところがSluggerの選手名鑑は少し違いました。細かな情報も載っていたのです。この当時、なかなか珍しかったんじゃないでしょうか。

「○○が△△という慈善活動を行っている」とか「オフはどこどこで過ごす」とか一見どうでもいい情報まで載っていたりしたんですね。
でも、こういう情報が載っていたおかげでメジャーリーグ中継を見たときに「あ!この人は確かサーフィンをやるんだよな」など人となりが分かり親近感がわいて、メジャーリーグのチームや選手を早く覚えることができました。

Slugger

2003年の表紙とかこんな感じです。自炊したものです。シーズンが終わったら自炊し、それまでは手元に紙の本として残すようにしています。

時代に合わせて内容を進化させている!

チーム力の分析もチャートになっていたりして各チームのバランスがよく分かりました。

この次の年にマネーボールが発行されて、数字を使って選手の能力を分析するのが一般的になっていきましたがSluggerも野球に関する統計の進歩に合わせて選手名鑑に載せる内容を変えています。

具体的には2014年の選手名鑑ではWAR(最低レベルの選手と比べてどれだけチームの勝利に貢献したかを示す指標)を記載するようになりました。端的に言うと選手がどれくらいスゴいかを示す数値ですね。近年MVPを選出する際に重要視されはじめているとも言われている指標なので、載っているとうれしいです。野球ファンとしては。

ここ数年のデータも今まで3年分だったのが5年分に。隔年で活躍する選手がいたりするので5年分あるとうれしいです。紙面の都合上、全てを載せることはできませんが5年あれば十分。ナイスな改善です。

このように時代に合わせて改善している、というところが10年買い続けている理由です。

画像が豊富

この点が大きいのかもしれませんが、画像が豊富に使われています。今じゃGM(ゼネラルマネジャー)の顔まで載っています。選手名鑑のレベルを超えていますね。

でもマネーボールが映画化されたことで、GMという職業が注目されるようになったりしたので、やっぱり時代に合わせたこのような対応はすごくうれしいですね。

まとめ

ちなみにお値段ですが、10年前の2004年は860円だったのに2014年は1200円www

でもそれだけの価値はあります!というか安い!選手の顔が載っている部分はフルカラーです。2000円行かない限りは買い続けますよ!編集の皆さん頑張ってください!

「マー君がヤンキースに行ったしメジャーリーグ見てみようかな」という方に超オススメなメジャーリーグの選手名鑑です!

MLB選手名鑑 2014―MLB COMPLETE GUIDE 全30球団コンプリートガイド (NSK MOOK)
日本スポーツ企画出版社 (2014-02-24)
売り上げランキング: 2,520