今年の6月に発表されたにもかかわらず続々と発売されるSwift関連の技術書。

9月にSwiftが正式リリースされてからは堰を切ったように技術書が発売され始めました。

個人的には初心者の方には「たのしいSwiftプログラミング」を推しているのですが、2014年の年末から2015年の年始にかけて個人的に欲しい本が続々と発売されて楽しみで仕方がないので紹介します。

詳解 Swift

まずは12月11日発売のこちら。これは外すわけにはいきません。

詳解 Swift
詳解 Swift

posted with amazlet at 14.12.01
荻原 剛志
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 1,909

Objective-Cプログラマーなら一度は読んだことがあるであろう「詳解Objective-C」の作者である荻原さんの「詳解Swift」。もうこれを手に入れたら年末にかけてずっとこれを読むつもりです。

開発のプロが教える Swift標準ガイドブック

中身が今のところよくわからないのですが、知人がFacebookで買うみたいなことを言っていたので僕も読んでみようかと思っています。

開発のプロが教える Swift標準ガイドブック
渡辺 龍司 富家 将己 鈴木 晃 加藤 寛人
マイナビ
売り上げランキング: 9,103

嬉しいのはSwfit1.1に対応している点ですね。

表紙に「効率よく〜」なんて書かれていますが、どの程度のレベルまで踏み込んで解説しているのかが気になります。

ちなみに発売日はクリスマスです。これがプレゼントでも全然嬉しいです。

プロの力が身につく iPhone/iPadアプリケーション開発の教科書 Swift対応版

Objective-Cバージョンのプロの力を身につける iPhone/iPadアプリケーション開発の教科書が良かったのでこちらも楽しみにしています。

プロの力が身につく iPhone/iPadアプリケーション開発の教科書 Swift対応版
藤田 泰介
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 155,069

中級程度のレベルの人が読む本なのですが、ViewControllerのライフサイクルについてもよくまとまっていて、こういう本が意外とないんです。

職場でもこれから入ってくる人にはこれで教えよう、なんても話もあって来年が待ち遠しいです。これが出るまでに詳解Swiftを読み終えていたい感じです。

まとめ

Swiftでアプリは出したものの、途中で度重なる言語仕様の変更で心が折れてあまり深いところまで理解できていないのが今の自分。しっかりと勉強してSwift時代に乗り遅れないようにしていきたいです。

Objective-C時代から信頼してきた本がSwift対応してくれるのはありがたいですね。年末年始はひたっすらこれらの本を読み込みたいと思います。

楽しみ。。。