どうもです。@mo_to_44です。 NIKE+ FuelBand SEを発売日の朝一で入手して箱だけ開けました。
うぇあらぶりぃ » NIKE+ FuelBand SEをゲット! その1 開梱レビュー

ここで装備していくかい? と言ってもらえなかったことを恨んでいます。冗談です。

さて、今回は前回に続いてセッティングをしていこうと思います。

まずは専用のアプリをダウンロード

FuelBandを使用するにはまず「Nike+ Connect」というアプリをパソコンにダウンロードしなければなりません。

こちらからダウンロードしてください。
よくあるお問い合わせ を検索

ダウンロードが終わったらインストールです。

FuelBandとNike+ Connectをリンクさせる

インストールが終わったら、Nike+ Connectを立ち上げた状態でFuelBandを接続です。
USBケーブルで接続
僕はこの付属していたUSBケーブルで接続したのですが、何故か認識しませんでした。

なので、FuelBandを直にMacへ接続。
FuelBand認識
キターーーーーーーーーーーーーーーー!!なにこれカッケェ。
これで認識できたということみたいです。

Nike+ Connectを設定

まずはNike+の登録。
Nike+登録
Nike+のアカウントを使ってもいいのですが、僕はFacebookアカウントでログインを使用します。
Nike+を使っている友達がいたらいいですしね。

身長、体重、装着する…ウェアラブる腕(←流行らせたい)、ゴールなどを設定。
FuelBandをカスタマイズ
ゴールを設定

そんなこんなで”ほぼ”設定完了。
Fuelband 131106 setting 08
ほぼなのか、、、。

MacのアプリからでもFuelBandの設定は変更できます。
Macアプリのゴール変更
MacアプリのFuelBand設定変更画面

FuelBandの時刻設定はデフォルトでMacと同期する設定になっています。
Macアプリの時刻変更
細かい部分は置いといて設定完了!

装着&使用開始!

設定が終わるとFuleBandの「JUST DO IT」の文字が流れてきました。
Just Do It!!
よーし!やったるでぇ!

FuelBandはNikeFuelという単位で計測されます。設定し終わった後装着したら「1」。
NikeFuel=1point
何もしてないからとは言え、寂しいですね。

インターフェースについては後ほどきちんと調べて別記事をあげるつもりですが、NikeFuelポイントの表示、現在時刻・時計の表示には対応しています。

まとめ

なんだか表示がとってもカッコイイです。UPはシンプルでカワイイのですが、個人的にはこちらのほうが好み。
NikeFuelポイントの表示アニメーションは特に…。ゴクリッ。

早速走ってレビューしようと思ったのですが、まさかの体調不良…!
残念ですが、そんなわけで次回はボタンの操作等を見てみたいと思います!