きょう未明、Appleのイベントで「iPad Air」と「iPad mini」が発表されましたね。

う〜ん。どっちを買うべきか迷いますねぇ。
iPad miniはiPadを小さくした感じでしたが、iPad AirはiPad miniを大きくした感じ。一目見た瞬間にこれはいいぞと感じました。

iPad Air 2013

僕はiPad miniをiPhoneの次に四六時中触っていて、個人的には「もうiPadいらないんじゃない?iPad miniだけでいいんじゃない?」と思っていたので今回のiPad Airの発表は非常に嬉しかったですね。噂通りではありましたが、予想以上でした。

でもその分どちらを買うべきか非常に悩んでおります。
そこで僕の使用シーンを検証して、どちらが僕にあっている端末なのかを考えたいと思います。

iPad miniの使用シーン

僕のiPad miniは基本的に文章の閲覧端末です。
それはWebのニュース、自炊した本、 ブログ、Evernoteにためてある記事やメモ、Kindleで買った本などです。

iPad miniはサイズ感が非常に良かったのですが、唯一Retinaでないことが気になっていた点でした。読みづらくはないのですが、Retinaであればもっと読みやすいのだろうなと思っていました。
ですので今回のアップデートによるRetina化はずっと待ち望んでいたものでした。

またiPad miniはサイズ感が非常に僕の使い方にフィットしています。
iPad miniで漫画
2012年、iPhone5とiPad miniともに買いましたが満足度が高かったのはiPad miniの方でした。年末はKindleストアでワンピース全巻を大人買いしてイッキ読みするほど使いまくっていました。

iPad Airと比較して

正直なところ噂をチラホラ聞いている時点では「iPad miniに決まってるじゃん」と思っていたのですが、発表やスペックを検証するとiPad Airは僕の使い方でもいいんじゃないか?と感じ始めています。

サイズはそのままに厚み、重量ともにダウンサイジングされていて両サイドのベゼルもiPad miniのように細くなっています。
この両サイドのベゼルが結構重要で、今までのiPadだと視界に入ったときに気になってしまっていました。
それがなくなったことを考えると、文章は読みやすくなっているのではないかと、映画とか動画見るときも見やすいんじゃないの、

すげーいいんじゃねーの!?

とか考えてしまうわけです。

差別化要因は大きさ

どちらもRetinaで、同じA7チップを使っているので処理能力も同じです。
今回の差別化要因は大きさだけなので 、この大きさをポイントに選ぶべきなんだと思います。

iPad mini 2013
iPad Airの大きさは魅了だけど。iPad miniの小ささはいいんだよなぁ。本当に悩ましい。

結局どうするのか

まぁ結局のところ、きのうのうちに結論は出ていたんですけど実際にさわって決めようと思います。
ほら、Appleのプロダクトって発表の時に「いまいちじゃないか?」とか思ってもさわってみるとかなり良かったりするじゃないですか。

iPad miniに関しては今手元にあるのでサイズ感は把握できますし想像もしやすいです。
でもiPad Airに関しては新しいプロダクトなので手触り感とか、スペックからは読み取れない重量感とか分からないわけです。

iPad miniは”11月中に発売”と明確な日付は明らかにされなかったので、11月1日のiPad Airの発売を待ってApple Storeとかに行って実際にさわってどちらを買うか決めようと思います。
ただ去年はiPad miniが品薄でかなり手に入れるのに苦労したので、なるべく早く手に入れたいですね。

ていうかアレですね。
たぶん両方欲しくなっちゃう気がしますね。