どうもです。@mo_to_44です。
day3-keynote07

さて、前回はアップル本社へ行ってきた話について書きました。今回からWWDC本番に突入する話をしようと思うのですが、NDAとかありますしiOS7とか世に出ちゃってるしキーノートのビデオはありますし詳細についてはそちらをご覧になってください。

というわけで本当にただの旅行記になるわけですが続けます。

深夜にキーノートの行列へ 一日目

実はキーノート、会場に参加した全員が入れるというわけではないみたいなんです。というわけで深夜3時頃から並びに行きました。
day3-keynote01
前日に居酒屋で夜11時くらいまで飲んでいたので、2時間ほど仮眠をとって直行。ここでもUberを使いました。危ないので。

何時間くらい並んだのか分かりませんが、日本で働く開発者さんと話をしながらだったのであっという間に夜が明けていました。
day3-keynote04

並んでいると食べ物をもらえます。本当だったのか。
day3-keynote05

TestFlightから前日にTシャツをもらっていて、当日それを着ているとこのブリトー的なものを恵んでもらえます。
day3-keynote06
暖かいのでありがたかったです。

建物の中に入ってからも結構待ったのですが、なんやかんやで会場へ。
day3-keynote07
これですよ!いつもネットで見ていたのは!結構前の方で見れましたし大興奮でした。

そしてキーノートが終わって外に出るとMac Proが。
day3-keynote08
WWDC2013の発表で唯一ハードウェアのメジャーアップデートだったので注目を浴びていました。ネットではゴミ箱呼ばわりされていましたが実物はセクシーでした。

WWDCメシ。
day3-keynote09
個人的には全然いけました。

この時MacBook Airの新型が発表されたのですが@ushigyuさんはソッコーでポチってました。さすが行動が早い。

この日はあまり寝ていなかったこともあり帰って爆睡。

二日目

本格的にセッションが始まる日。
day4-day01
ラリってる人たちが怖いので電車で会場の最寄りまで。

シビックセンター駅にて。
day4-day02
彼らは結構稼いでましたよ。犬が寝っ転がってオッサンがアコーディオン演奏してるだけなのに金を払う価値があると思えたのが不思議。サンフランシスコはこうやって路上で演奏をしたりしている人たちが多くて

セッションをみっちり。英語だからすごく疲れました。会場で出されるご飯をランチに食べました。

日本人開発者の方が皆さん行くという「The Ceesecake Factory」へ。日本にもチーズケーキファクトリーがあるようですが無関係。
day3-dinner01

ユニオンスクエアを見下ろせる眺望の良い場所。屋外の席でした。
day3-dinner02

カクテルを注文。
day3-dinner03
どうしてアメリカのモノはいちいちデカいのでしょうか。デカいのが美徳なんですね。

サーモンステーキ。
day3-dinner04
おいしかった。

そしてオリジナルチーズケーキ。
day3-dinner05
これが激うまっ!

「どうせ甘さたっぷりなんでしょ?」って思っていのたですが意外と甘さ控えめで美味しい。行く機会があったら是非食べてみてください。

食べていると日が暮れてきました。
day3-dinner06
夜8時とか9時とかだったと思うのですが、時差ボケよりもサンフランシスコの日の長さで調子が狂った印象があります。

日が長いので結構な時間だということに気が付いていなかったもののホテルに帰ったら疲労感に襲われこの日も爆睡。

三日目

会場で朝食を食べるわけですが、僕がずっと飲んでいたのはこちら。

ジョブズが愛したという通称”小田原”。
day4-day03
これ以外の飲み物はカロリーや糖分や、何もかもが怖くてほとんどこれを飲んでいました。

この日の午前もセッションをみっちり。

お昼は近くのレストランへ。牡蠣です。
day4-day04
他のものは全部やたらデカいくせになぜか小さい牡蠣。

パッサパサのパンとパッサパサのローストビーフ。
day4-day05
付け合せにサラダのポテトチップス。

皆さん。アメリカ人がポテトチップスをサラダに含めてるってのはマジでしたよ。

午後も午後とてセッションをみっちり。

この辺りで僕はリンゴを食べ始めました。
day4-day06
本場のリンゴはウメェなぁ。なんてくっだらない冗談を言うために食べたのですが、冗談じゃなく美味しかったです。

よくアメリカのドラマとか映画でリンゴを丸かじりしているのを見るような気がしますが「あ〜これは丸かじりしたくなるわ」と思うほどの歯ごたえ。日本のリンゴではなかなか味わえない歯ごたえです。

まぁ僕ぐらいしかやってる人見ませんでしたが。でも是非お試しを。アップルでアップルを食べるわけですからみやげ話にもなります。

この日のディナーはまたまた@akio0911さんの知り合いの方とご一緒に。数年前に日本で働いていたアメリカ人の方。akio0911さんネットワーク広すぎ。

本場のアメリカンステーキを食べに行くことに。「LARK CREEK STEAK」という有名なレストランらしいです。確かにお値段高めでした。
day4-day07

前菜のサラダ。「え?手抜き?」という感じですがウマい。。。
day4-day08
ナニコレ家でも作りたい。

そして本場のステーキ。
day4-day09
サラダで結構お腹いっぱいだったもののペロッと食べてしまった。日本の肉と違ってサシの入っていない赤身の肉なのでしつこくない。結構ボリュームがあったにもかからわず、むしろ物足りなさを覚えるほど。「アメリカのステーキってこんなに美味しいんだ」と衝撃でした。

デザート。確かプリンだったと思うのですが美味しかったです。
day4-day10

食事の話をした後でトイレの話をするのは気がひけるのですが、レストランが入っているデパートのトイレ。
day4-day11
用を足しながら地元サンフランシスコ・ジャイアンツを応援できる。さすがナショナルパスタイム。

楽しい時間を過ごしてホテルへ。爆睡。基本爆睡。

四日目

この日も朝からみっちりセッション参加。ちなみに朝食スペースでMacBookをお盆代わりにしてドーナツとか飲み物とか載せてたら現地の方っぽい人に笑われました。

さすがにそろそろWWDCメシも飽きてきたので外へランチに。日本料理屋。のはず。
day5-01
味噌汁は落ち着きます。

そしてネーミング的にこの店で一番やばそうな“Shogun Set”
day5-02
ふっつーーーーにウマい。ネタで頼んだのに。

ワサビがホイップクリーム風なのはご愛嬌。
day5-03

謎のスパイダーロールを発見。
day5-04
食えるの?

全てのセッション終了後に屋外ライブ。
day5-05
こんな感じのロケーションで心地良い気候の中いい気持ちになりました。作業BGMがこの時流れた曲になったという人、多いはず。

明日はいよいよ最終日です。

五日目

最終日のセッションは午前で終了です。


楽しすぎて寂しさのあまり帰りたくない病を発症。

day6-01

「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ」ってぐらいの気候なので市街を歩いて良さげなお店へ。
day6-02
料理が美味しそうなやたらカラフルなお店へ。イタリアン?な感じで美味しかったです。

このお店。。。

当たりだった気がする。

その後、行っていない名所「ツインピークス」を目指すことに。どっかの駅で降りて市バスに。
day6-03

行きたい方向と逆に乗ってました。
day6-04

完全に迷ったので例のアレを。

ナイスガイなブラジル人Uberドライバーに頂上まで連れて行ってもらいました。
day6-05
最高の眺めでした。寒かったけど。防寒忘れないようにしましょう。

いよいよ最後の腹ごしらえに。色々と迷った挙句、日本料理店。
day6-06

これが噂のスパイダーロール。ウマそうじゃん。
day6-07
実際おいしかったです。

基本的に日本料理=テリヤキらしく、無形文化財に日本料理が登録されましたが僕はいささかの不安を覚えています。
day6-08

帰りにベン・アンド・ジェリーズのアイスを。
day6-09
2個セットで3ドル。ハーゲンダッツも安かった。安いのに大きい。

翌朝は5時起きというハードな日程なので明日に備えて眠りにつくことに。

まとめ

ザッとまとめましたが、個人的な感覚としてはこの文章をすべて読むよりも短く感じました。

だって本当に楽しかったから。

いや、英語とか半分程度しか分からないのですが本当に刺激的な日々だったのです。

次回で終わりです。