どうもです。@mo_to_44です。

ゼロ・グラビティ ポスター

2013年最後の映画として選んだのは「ゼロ・グラビティ」です。一部で「スゴイ」という噂を聞いたり3D稼働率があの「アバター」を超えたりとなんかスゴい感じ。
『アバター』超えた!『ゼロ・グラビティ』3D稼働率は77.5% (クランクイン!) – Yahoo!ニュース

感想を一言だけ言えと言われたら決まってます。

「絶・対・に・観・ろ・!」

こんなに手に汗握ったことはない

ネタバレはなしなので、内容についてはさし控えます。

とにかく手に汗握る。

この映画で握らなかったらいつ握るんだっていうくらい握ります。

息苦しいなと思ったら息をしていないことに気が付きます。

大きなサイズのテレビが普及してからは映画館のスケールメリットがなければ面白さが半減してしまう映画こそを映画館で観るべきだと思っているのですが、これがまさにソレです。

ジョージ・クルーニーもカッコイイし、サンドラ・ブロックはいつまでキレイなんだろうと思うくらいキレイだし、撮影方法が知りたくてしょうがないし、何よりも宇宙を疑似体験しているかのような感覚に陥ります。

本当にとてつもない面白さ。

絶対にIMAXで!!

少しチケットが高くなりますが、IMAXで観ることを超お薦めします。
IMAX アイマックス IMAXってなに?:109シネマズ

僕はいつも絶対に観たい映画がある時は電車で30分ほどかけて川崎まで行きます。今年だと「マン・オブ・スティール」も川崎のIMAXで観ました。
IMAX
一度IMAXで観てしまうと、もう後戻りはできません。

とにかくスクリーンが視界いっぱいに広がるので臨場感がスゴい。映画に入り込めます。席の予約ができるので必ずど真ん中の席を取りましょう!真ん中に座っておけば間違いありません。

まとめ

今年は「テッド」とか「風立ちぬ」とか「マン・オブ・スティール」とか「パシフィック・リム」とか話題になった映画が多くて当たり年でしたが(「レ・ミゼラブル」観てないことに気がついた!)、その中でも「ゼロ・グラビティ」はダントツ!

あと3回くらいお金を払って観に行きたいくらいです。みなさん年明けにでもゼヒゼヒ観に行ってください!できればIMAXで。